ドラム人間科学理論レッスンシステム

K’s MUSICでは「音楽を確実に“聴き手側”に伝える手段」として、「奏法」と「音楽表現」を物理的、生理学的根拠に基づいてレッスンを提供しています。しかし、このドラム人間科学の理論は手段であって目的ではありません。目的は“人間的な色気と気持ちを伝える音楽そのもの”です。

「叩き手側」がいくら気持ちを込めて演奏したつもりでも、それを確実に音に反映できなければ「聴き手側」に伝わりづらいものです。これは「聴き手側重視のプロの世界」では致命的欠陥です。

現役プロドラマーの方々や海外有名音大を卒業されたドラマー達の多くは、テクニックよりも“聴き手側重視の音楽表現”に比重を置いています。そういった方々がK’s MUSICに習いに来られる理由は、精神論ではけっして成し得なかったレベルの音楽表現を求めてのことなのです。

奏法テクニカルレッスン

グリップ

モーラー奏法

フットワーク

パワー、脱力

人体力学

フォーム

課題曲演奏と音楽表現レッスン

積極的呼吸法

歌い方

脱力

人体力学

無意識的呼吸法

本能

生理学

人体力学