K’s MUSICに通えばプロになれますか?

当スクールでは、最高レベルの技術や演奏表現を可能にするレッスンを行うだけでなく、音楽演奏を職業としていくために必要な独自のノウハウ等の情報も可能な限り提供しておりますし、現役プロドラマーの生徒さんも多いため、生徒さん同士の間で仕事を紹介しあうというような形も自然に生まれ、在学中からプロとして活動し始める生徒さんも少なくありません。

ですが、それを職業として継続させていけるかどうかは、あくまでも、本人の「努力」、あるいは「運」といったものにかかっています。そして、当スクールに限らず、「卒業すればプロになれる」「通い続ければプロになれる」と保証できるスクールなど、地球上のどこにも存在しません。

しかし、実状を知らないアマチュアさん達は、卒業さえすれば職にありつきやすい「調理や簿記等の専門学校」と、「音楽の専門学校」を同じように捉えてしまい、「プロ!」とうたっている音楽専門学校に行って「努力さえすれば、プロになれる!」、または、「プロに近づける!」と思い込んでしまっているようです。
ですが、現実としては「わずかな人数ですが、かつて当校の生徒でプロになった子もいます」という程度ですし、そのスクールに通ったからプロになれたのでは無く、のちに「自分自身の力でプロ」になったドラマーさんが、「たまたま以前生徒として在籍していた」というのが実際だと知った上で、学校に通うかどうかを考えるべきではないでしょうか?

また、「プロの教えるスクール」、「卒業すればプロ」というような広告の影響か、音楽専門学校や音楽スクールは、「音楽業界と密接な関係にある」と、一般的にカン違いもされているようなのです。
しかし、音楽業界とスクール業界はまったく別(同じように見えてまったく別です)ですから、どんな有名な学校や講師でも音楽業界に対して発言力のある人などいないというのが現実です。
(ですから、たとえ「ウチのスクールにいた方が業界で有利だよ」というような事を言われたとしても、それは生徒を他校に取られないための自己防衛策に過ぎませんから、気にする必要も全くありません。)

もちろん、そんな中でも、なんとか仕事を紹介できるスクールもあるかもしれませんが、かなり善良な所でも一度だけ仕事を紹介して終わるのが普通ですし、紹介される仕事内容も実演奏とは限らないのが実際です。

いずれにしても、ドラムに限らず、音楽を演奏するという行為は「芸術表現」ですから、試験を受けて合格すればプロとして活動出来るというものではありません。ワープロ検定や簿記検定等の「資格」とは違い「これが出来たらプロ」という明確な基準はありませんし、公的な認定機関も、免許も存在しないのです。

あなたが本気でプロを目指しているのであれば、スクールに頼り過ぎたり怖れたりするのではなく「最高レベルの演奏技術と音楽表現力をまず身に付けるんだ」という心構えが大切ではないかと思います。

がんばって下さい!