42. フリーグリップと、しゃっ骨&とう骨

(2004/02/15アップ。17修正)

 いきなりですが、まず次の動画をご覧下さい。

動画:デニス・チェンバース式
超高速シングルストローク

 この動画の中で行われている32分音符の高速連打は、全てシングルストロークで行っています。スティックがほとんど振り上がっていないにも関わらず、パワーが出ているのがお分かりいただけるでしょうか?(あえてシングルストロークの時はリムショットを使用していません)

 この動画はK's MUSIC主宰の小野瀬健資が、デニス・チェンバースの肘から先にある、しゃっ骨、とう骨と、5本の手の骨の使い方を再現して演奏したものです。

 主宰の小野瀬は普段このようなドラミングは全くしませんが、ドラミングアドバイスの為にあえて再現してもらいました。

 ここで言う「再現」とは、見た目のフォームやラインを真似するというものではなく、体内再現、つまりは、骨や関節や腱の使い方、さらには重心位置等の体内で起こしている運動を再現化するという、極めて人体力学的な再現方法です。

 このような超高速シングルストロークを習得する場合、日本では、やれ手首のスナップ強化が必要だの、シングルストロークで使われる筋肉を鍛える事が必要などという、鍛錬系の発想で方法論が説かれていますが、その方法論でパワーとスピードを両立できたドラマーは果たして本当にいるのでしょうか?

 デニス・チェンバースも小野瀬も、ツライ鍛錬を積んで死ぬほど練習をして(笑)このようなプレイを可能にしたのでしょうか?

 デニス・チェンバースは、巨漢で筋力が相当強いから、このようなプレイが可能だと思いこんでいる人が多いようですが、実際は身長160センチほどのとても小柄な人です。(間近で彼を見たことがある人は、あまりのギャップにびっくりしませんでしたか?)

 彼の場合、13インチのスネアを中心にして、12インチのハイハット、メインタムは10インチはおろか8インチを使用することも多いので、ビデオ等では遠近感が狂って(笑)身体がとても大きく見えてしまうだけなのです。

 ちなみに小野瀬は「これはモーラー奏法の応用だから、筋肉や手首のスナップは全く関係ないよ~」と笑って、練習もせず、ほんの2テイクで撮影は終了しました。

 今回はデニスチェンバースの十八番フレーズのタネ明かしをしてしまって、彼には大変迷惑な話かもしれませんが(笑)、しゃっ骨&とう骨の動きを中心に、前回のフリーグリップの応用を解説していきたいと思います。

Q.モーラー奏法で均一なストロークは無理なんじゃないの?

A.モーラー奏法を身に付ける初歩の段階ではアクセントの入ったストロークから練習するのが効果的です。しかし、それだけではありません。全盛期にあったトニー・ウイリアムスなどは、高速シングルストロークやダブルストローク、シンバルワークに至るまで、すべてモーラー奏法で行っていたんですよ!

ただ、国内では実戦応用できる人が皆無に等しいため、モーラー奏法の初歩の段階の認識から抜け出せないのが現状のようです。そのため「モーラーでは必ずアクセントが入ってしまう」という認識が一般では多いようです。

ヒント:スティックのラインや見た目よりも、身体の内部、つまり骨や関節や腱などに目を向けよう!

 読み進める前にお願いですが、まだ前回のドラミングアドバイス「フリーグリップシステム」を読んでいない方は、必ず読んでから今回の内容を読み進めてくださいね!

今回のキーワードは「フリーグリップ・システム」における
肘から先の骨の使い方です。

■STEP1「前腕部って、ど~なってるの??」

 デニス・チェンバース式の高速シングルストロークを行うには、前腕部をどう使うかということが重要になってきます。

 あなたは前腕部の構造を正確に把握していますか?

前腕部の骨格構造を誤解していませんか?
骨が一本の前腕 骨が平行な前腕 骨が交差している前腕

 もしかして、今まで写真1や2のように誤解していませんでしたか? 前腕部には「しゃっ骨」と「とう骨」という2本の骨があり、あなたがスティックを持って構えただけで、その2本の骨は交差して、ねじれているのですよ!

つまり、日本国内で正しいとされている

スティックをまっすぐ振り下ろす奏法 = しゃっ骨・とう骨をねじって固定したまま叩く

ということがお分かりいただけると思います。

 ですから、その根もとである「ヒジ」もしくは、先端部である「手首」に物凄い負担がかかってくるのです! 逆に言えば、しゃっ骨・とう骨のねじりを固定させる筋肉を鍛えない限り、通常のプレイさえつらくなります。そのつらさを克服する為には、さらにつらさを伴う練習やトレーニングに膨大な時間を割かなければなりません。
(ドラムに必要な筋肉は日常生活では鍛えられない、と国内では正論立てられてしまうのも無理はないですね!!)

 このしゃっ骨・とう骨という二本の骨をねじって固定したまま動かしてしまっては、肘から先をリラックスさせることは絶対に出来ません。リラックスさせるためには、しゃっ骨・とう骨を固定せず、自由に開放してあげる事が必要なのです。
(もし、それでもあなたの先生が「真っ直ぐ叩け」と言うならば、その根拠を聞いてみてください。もしかしてその先生は宇宙人で前腕に骨が一本しかないのかもしれませんね(笑))

Q.骨格図等を見ると2本の骨は平行になっているけど?

A.その骨格図の「手」はどうなっていますか? 手の平側が前になっていませんか? 手の平が前になっているのなら2本の骨は平行で良いのです。逆に、手の甲が前になっている場合は2本の骨が交差しているはずです。

 私たち人間は、しゃっ骨・とう骨という2本の骨を交差させなければ、手の甲を上向きには出来ません。ぜひ確認してみて下さい。



●ここで実際に、ご自身の腕を触りながら、しゃっ骨・とう骨の存在と、その位置関係を確認してみて下さい。

 まずここでは、小指側につながっているのが「しゃっ骨」、親指・人差し指側につながっているのが「とう骨」という事を覚えてくださいね。

手の平を上にしたり、手の甲を上にしたりしてみて下さい。
貴方のしゃっ骨と、とう骨は、写真のように回転を繰り返すはずです。
42_04.jpg ←→

=しゃっ骨
=とう骨
42_05.jpg
42_06.jpg 42_07.jpg 42_08.jpg

<注意!!>この時注意してほしいのが、必ず、しゃっ骨を軸として回転させるということです。これを身に付けるにあたって、まずは上の写真のようにテーブルの上にヒジまで乗せて、小指側のしゃっ骨を軸にして反転させる練習をしてみましょう。

これを親指・人差し指側の、とう骨側から外側へ押す動きと勘違いしている教本等をよく見かけます。(例えばスネアとフロアタムの往復移動等)こうしてしまうと、上腕骨との連動がなくなり、ドラムをプレイするどころではありません。(なにより、痛いですよ!)

 あなたの前腕は、しゃっ骨と、とう骨という2本の骨が存在しているおかげで、回転運動を行う事が出来るのです! 我々人間は、缶ジュースを飲んだり、箸やフォークで食べ物を口に運ぶ時など、なにげない日常の生活の中で誰でもしゃっ骨を軸に、とう骨を回転させて生活しているのですよ!

■人体力学トリビア:しゃっ骨とう骨・ねじりと開放

空手やボクシングのパンチでは、しゃっ骨・とう骨を平行にして構え、当てる瞬間にねじる事で大きな打撃力を得られます。一方、空手の手刀は、しゃっ骨・とう骨をねじって力を溜め、当てる瞬間に開放する(平行に戻す)事で大きな打撃力を得ます。他にも、野球のバッティングやゴルフのスイング、卓球のラケットを振る動作にも、しゃっ骨・とう骨の「ねじりと開放」による力が利用されているのです。

しゃっ骨・とう骨を平行にしたまま、あるいは、ねじったままで大きな力を出そうとする場合、ゆっくりと大きな力を出すことは出来ますが、瞬間的に大きな力を出す事は出来ません。なぜなら、それは人体のしくみ的に絶対不可能なことなのだからです。


■STEP2 スティックをもってみましょう!

 次に、しゃっ骨・とう骨の回転でドラミングを行うための、具体的なグリップについてです。

 次の写真をご覧下さい


よく教則本等で見られるグリップフリーグリップ
フレンチグリップ
(手の平側から撮影)
42_09.jpg 42_10.jpg
※ちなみにバディ・リッチは、このグリップを
アメリカン、ジャーマン、逆手にも使います
アメリカングリップ 41_19.jpg 41_16.jpg
ジャーマングリップ 41_20.jpg 41_17.jpg
特徴

骨格を考えず、ただ腕のラインに真っすぐにするため、手首が不自然に曲がってしまい、回転運動は不可能になる。

しゃっ骨・とう骨の回転は、しゃっ骨が軸となるため、小指側を真っすぐにする。

フリーグリップと骨の関係は以下の通りです。

フレンチグリップ アメリカングリップ ジャーマングリップ
42_15.jpg 42_16.jpg 42_17.jpg

 けっして、これらのグリップを“難しい”グリップと思わないで下さい。なぜなら、力を抜いて手首を自然体にしてスティックを持てば、結果的に、こういうグリップになるのですから。

 難しいと思うのは、すでに日本の多くのドラマーが間違った方法に毒されてしまっているからではないでしょうか? まずは今までの間違った先入観を捨て去りましょう!

日本的奏法にご用心
この考え方は、絶対に間違っています!!
人間の手腕はパワーショベルとは違います!
あなたはロボット? ショベルカー

 まずは、このような考え方を改めることから始めて下さい。人間はロボットではありません。もっと複雑な構造をしているからこそ、人間らしい、しなやかで優しい動きが出来るのですよ! アームショット、リストショット、フィンガーショットなどのように、別々に分けて考えられないのです!

 繰り返しになりますが、日本的奏法のように、ひじの屈伸運動で叩いてしまっては、しゃっ骨・とう骨を利用する事もできませんよ。

Q.どうして上の図と写真のように考えてはいけないの?

A.物の道理として、支点を作ってある場所(打面)に力を加えると、その「反作用」で、支点にも「同じ力」が必ずはね返ってきます。ですから機械工学などでは支点箇所を増やして構造を複雑にしてまで「反作用によって起こる反発力を分散させる技術」が常識として使われています。

高速でピストンが上下動する自動車等のエンジンでは、エンジン内部の支点箇所が少なくなってしまうとパワーが上がりません。F1に代表されるスピードを競うレーシングカーでは、エンジンもサスペンションも支点箇所を増やして慣性の影響を受けなくさせる技術が当然として使われています。しかし、パワーショベルのような支点箇所が少ない機械は、ゆっくりと大きな力は出せても、素早く動かす事は絶対に不可能です。

 さて、しゃっ骨・とう骨の回転で叩くグリップの代表例を上げましたが、ここで思い出して欲しいのが、前回の内容にあった、「スティックと手にかかる慣性モーメントを最大限利用するためには、ワンモーションの中でも(一打単位でさえ!)手の形は必ず変化する必要がある」ということです。

 ですので、今回紹介した写真の形を死守(?)して叩くなどという勘違いは、けっしてしないで下さいね!

こんな時代だからこそ要注意!

 昨今、デイヴ・ウェックルやスティーヴ・スミスに続いて、パット・トーピーもモーラー奏法を取り入れた事もあり、モーラー奏法やフレディ・グルーバー・システムが日本国内でもさらに注目を集めて来ているのは大変喜ばしいことですが、ただ安易にスティックのライン等を教えている、勘違いな“日本式(?)モーラー”を見かけるので、充分注意して下さいね!

最近K's MUSICに入校された生徒さんからだけでも、この3例の報告を受けています!


ケース1:腕を開いているだけで、上腕骨・しゃっ骨・とう骨の回転が見られない“日本式モーラー奏法”
case1_a.jpg case1_b.jpg case1_c.jpg case1_d.jpg case1_e.jpg case1_a.jpg

 しゃっ骨の回転運動がないため、4分音符しか叩けなくなってしまう例。ポンタさんの「8の字スティックワーク」を誤解してしまうと、こうなるので要注意!! ポンタさんの奏法は、そんなに甘いものではありません!


ケース2:フレンチグリップから、いきなりジャーマングリップでヒットしている“日本式モーラー奏法”
case2_a.jpg case2_b.jpg case2_c.jpg case2_d.jpg case2_e.jpg case2_f.jpg

 しゃっ骨を軸として前腕部が回転していないため、スピードばかりかパワーまでダウンしてしまう本末転倒な例。デイヴ・ウェックルの教則ビデオを誤解して練習すると、こうなるので要注意!!


ケース3:手首→ヒジ→肩関節という順番で身体動作を行なう“日本式モーラー奏法”
case3_a.jpg case3_b.jpg case3_c.jpg case3_b.jpg case3_a.jpg

 ダンス要素の強いコースタイルのモーラー奏法を、そのまま安直にドラミングに応用しようとした例。手首をひねった際に、相当な負担がかかってしまうので要注意!!


 この数年だけで、これだけの日本式モーラー奏法が生まれてしまいました(涙)。最近当スクールに入校された生徒さんからだけでも、このような報告を頂いているので実際にはもっと沢山の日本式モーラーが生み出されてしまっている危険性がありますので、注意して下さい!

 また、レッスンプロの中には、モーラーがわからなかったり、自分が実演出来ないのを「君にはまだ早い!」という一言で隠す人もいるそうで、ドラミング無料相談にSOSも殺到しています。

 だまされずに、自分の目と耳で判断して下さいね。


■STEP3 バディ・リッチの秘密

 それでは、ここで次の動画をご覧下さい。

動画:バディ・リッチのシングルストローク
ちょこっと言い訳(笑)

デニス・チェンバースの動きは身体理論的に見て、まだ曖昧な部分が多いため再現しやすいですが、バディ・リッチはあまりにも身体理論の理屈にかない過ぎていて、小野瀬でも100%は再現しきれないのです。m(_ _;m


 これはバディ・リッチが、彼の楽団の名曲『ウエストサイド・ストーリー』の後半部に必ず行う、バディ・リッチ十八番の、全編シングルストロークによるドラムソロの再現です。

 このシングルストロークに隠された秘密に気付けましたか?

 フレンチ・アメリカン・ジャーマンと一般的に言われる、どのグリップで演奏しているように見えたでしょうか?(日本的奏法の、フレンチ・アメリカン・ジャーマンで考えないで下さいね!)

 答えを言ってしまうと「すべて」です。振り上げと振り下げで、グリップは多種多様に変化するのです。

 ですので、本来はフレンチ・アメリカン・ジャーマンという考え自体を持たない方が良いのですが、わかりやすく説明するために、便宜上使う事とします。

人体力学トリビア2:「体内再現」とは!?

「体内再現」とは、人体力学に基づいて、骨や関節や腱、内臓等、身体の“内部”にあるものの動きを再現する事を言いますが、「意味不明」だという方のために、分かりやすく説明しましょう。

例えば、「肩」と「ヒジ」と「手首」を同時に動かそうとした場合、すべてを完全に同時に動かすことは、物理上不可能です。では、それをどういう順番で動かすのか? また、ヒジを伸ばす時に、重力で伸びるのか、円運動によって生じる回転反動力で伸びるのか、はたまた筋肉で伸ばすのか…etc...を探り、再現することです。

※戦国時代、本当に命を落とす危険性と隣り合わせの中で伝わって来た「人体力学」とは、単に「見た目」や「型」を追求するものではなく、骨や関節や腱、内臓の状態、重心位置等を達人と同じにすることで、人体の可能性を100%引き出すためのものでした。武道に限らず、スポーツや、もちろんドラムにおいても「達人」と言われる人の動きは、本人が意識している、いないに関わらず、必ずと言って良いほど人体力学的に理にかなったものになっています。

 次の表をご覧下さい。

しゃっ骨・とう骨の回転とグリップの変化
しゃっ骨・とう骨の回転とグリップの変化

 このように、しゃっ骨・とう骨の回転を使う事で、グリップは多種多様に変化するのです。そしてバディ・リッチは、その原理を使っているために、スティックワークが見た目には派手にならざるを得ないのです。

 しかし、ここまで説明をすれば、彼のスティックワークがけっしてショーマンシップなどではなく、実用性重視であることが分かって頂けたのではないでしょうか?

Q.デイヴ・ウェックルが教則ビデオの中でフレンチ→ジャーマンと説明しているけど?

A.もう一度、ビデオをよくご覧になって下さい。

フレンチ(振り上げ) → アメリカン(ヒット時) → ジャーマン(ヒット後)

のようになっていませんか? 回転しきってからヒットするのではなく、その途中でヒットすることに意味があるのですよ!

 また、答えを言ってしまうと一番最初の動画のデニス・チェンバースのシングルストロークは、しゃっ骨を軸にして、とう骨を小刻みに回転させて行っているのですよ!

 高校の物理で「角運動量保存の法則」を習った人が多いと思いますが、デニス・チェンバースはこの物理を利用して高速スティックワークを行っているに過ぎません。

 小刻みに速く動かす場合も、大きくゆっくり動かす場合も、実は物理的なエネルギーは同じなのですよ!

■STEP4 実際のプレイに生かしましょう!

 では次の「フレンチ」「アメリカン」「ジャーマン」というすべてのグリップを用いた動画をご覧下さい。

動画:しゃっ骨・とう骨回転利用の実用例

 この動画は、あえて全編ダブルストロークのみを使ったソロなのですが、その事にお気付き頂けたでしょうか?

 通常、このようなドラムフレーズはあり得ませんが、グリップの変化が分かりやすいように、あえて小野瀬に全編ダブルストロークで実演してもらいました。

 わざと大げさに実演していますので、どのような回転で行われているか、何度も見て探ってみて下さいね! 今までの内容をしっかり理解すれば、この動画から実際のプレイで使うヒントをたくさん得られるはずです。「自分でわかる」というのは、マスターする上で何より大切な事だと思います。

 ただ読むだけで終わっていては、あなた自身のプレイに反映される日は永遠にやってきませんよ!

Q.手首をねじって叩くと痛いのですが・・・

A.しゃっ骨を軸にして、とう骨を回転させる際に、手首の方から回転させる事も確かに可能ですが、それでは身体に負担がかかり、腱鞘炎になってしまいますので注意が必要です。手首をねじって叩くと身体が痛い等と思っている人は、このパターンです。

しゃっ骨・とう骨を回転させる際には、もっと身体の根元の部分であるヒジの方から動かすようにしてください。その結果、手首がねじれて見えるのです。

< ま と め >

 いかがでしたでしょうか?

 しゃっ骨・とう骨という2本の骨の存在を今まで知らなかったという方も意外に多かったのではないでしょうか?

 けっして「こう叩かなければならない」というつもりはありませんが、身体がこのように出来ている以上、それを素直に認めて、更にご自身のプレイの可能性を広げてみては?とK's MUSICは考えます。

 それでは最後に、これから練習しようという方への注意点を挙げておきますので、参考にしてみて下さい。

― 注 意 点 ―

  1. けっしてスティックをしっかり持たずに行って下さい。
    あくまでフリーグリップが基本となっている事を忘れないで下さい。

  2. あくまでしゃっ骨を中心として・とう骨の回転で行って下さい。
    無理に手首をねじってグリップを変えるのとは全く違います。

  3. 日本的奏法と混ぜないで下さい。(とても危険です!)
    ヒジの屈伸に頼った日本的奏法と混同してしまうと叩くどころではなくなってしまいます。ショルダームーヴ奏法やボディショット奏法と合わせて行うことも必要です。
    (この理由については、ここをクリック!)

 以上の点に注意してしゃっ骨・とう骨の役割を把握し、「フリーグリップ・システム」へと応用して下さい。

 万が一練習していて痛くなった場合は、間違った動かし方をしているか脱力出来ていないのが原因ですので、すぐに練習をやめて下さい。無理に動かして身体を痛めたとしてもK's MUSICでは一切責任を負いかねますのでご了承下さい。