40. ボディショット奏法

(2003/08/12アップ。12/29動画ファイル関連を改良。2004/02/29微改良)

 前回の「ショルダームーヴ奏法」では、胴体を有効利用する奏法の中でも比較的分かりやすい「肩」を使った奏法の原理と意味を解説しました。今回は「胴体奏法シリーズ第2弾」として「骨盤」や「股関節」の動きを利用した奏法を紹介します。

 さて、本題に入る前に、お願いです。前回、海外の超一流ドラマーのライブ演奏ビデオ等を見るときに「音を消して」見るという「実験」をお願いしましたが、実際に試して下さいましたか?

 くどいようですが、「目でスティックや手首の動きを追う」見方はとりあえず止めて、スティックや手首より「指」に、指よりも「ヒジ」に、ヒジよりも「肩」に、更には今回のテーマである骨盤(お尻や腰)をよぉ~く観察してください!

 なぜなら、ここから先に書かれている事は、ご自身の目でビデオを見直して、海外の超一流ドラマー達が確かにその動きを行っているのを確認しない限り、ほとんどの日本人ドラマーには絶対に信じられない話だと思うからです。

 ご面倒でも、この先を読む前に、「お尻や腰」に注目してビデオを見直してみて下さい。ビデオを見もせずに「信じられない」と言ってしまっては、なにより貴方自身が損をする事になってしまいますよ!

(注:教則ビデオ等の“レクチャー場面”ではなく、あくまでも“実演奏の際の身体の動き”を見て下さい)

■STEP1 ビデオを見てから(あるいは見ながら)読んで下さい。

 さあ、あなたの好きな海外の超一流ドラマー達のドラミング中のお尻や腰は、どのように動いていましたか?微動だにせず、日本で言うところの「正しい姿勢」で叩いていたドラマーはその中にいましたか? いませんよね(笑)

 実際には、表現やテクニックが高度になればなるほど、また、大音量になればなるほど、お尻や腰が動いていたと思います。これは彼らが、骨盤を動かす事でスティックワークを行う「ボディショット」という奏法によって演奏を行っている証拠でもあるのです。

Q.黒人のドラマーは背筋をピンと伸ばしているけど?

A.黒人や女性は骨盤の基本位置が前傾している人が多いため腰椎が前に押し出され、結果として「背筋をピンと伸ばした正しい姿勢」で演奏しているように見えてしまいます。

 けれども、「背筋を伸ばす」代表選手のように言われるオマー・ハキムもボディショットを多用しますし、その時にはしっかり骨盤が動いて背中も丸まっています。ビデオをもっともっと細かくチェックしてみてください。

 今回はこの「ボディショット奏法」を行うにあたって「骨盤」と「股関節」がどのように使われるのか、その原理と意味を解説していきましょう。

 ところで、一口に「骨盤」「股関節」といっても、殆どの方は、その形や位置をハッキリとはイメージ出来ないのではないでしょうか? それぞれの場所や役割を正しく知って活用しないと、すぐに腰痛などの身体の故障に繋がってしまいます。まずは骨盤や股関節の位置や形を正しく知る事から始めましょう。

■STEP2 骨盤と股関節の構造を再確認しましょう

骨盤透視図

赤丸の部分が脚の付け根である「股関節」です。なぜか日本のドラマー界では股の部分の「そけい部」が脚の付け根と認識されているようですが、大変な間違いです。フットワークをする際はもちろん、ドラムイスに座った状態で骨盤(お尻)を動かすのは「股関節」なのです。
股関節位置(ドラム)

ドラム演奏時、脚の付け根である股関節は赤丸の位置にあります。いかがでしょうか?たった今まで脚の付け根はそけい部だと思い込んでいた人もいるのではないですか? 股関節は意外と奥にあるのです。(お尻にあるといっても過言ではありません)この股関節の正確な位置を知ることでフットワークは勿論、骨盤を使う「ボディショット奏法」が容易になるのです。

 なにより大切なのは股関節や骨盤の正しい構造を知ることです。股関節が肩関節と同様の「球関節」で、本来は回転の動きに向いている関節だということを知っていましたか?(だからフットワークも回転運動になるのです)

 そして骨盤の下にある坐骨は、揺りイスの脚と同じように丸いカーブを描いているので、イスの上で骨盤を立たせたり、寝かせたりしても安定が得られるようになっています。

 この「骨盤の揺りイス」を動かすための関節こそが「股関節」なのですが、殆どの日本のドラマーは骨盤を動かす(動いてしまう?)際に背骨(腰椎)から動かしてしまっているために、それが腰痛の原因になってしまうのです。

 「ボディショット奏法」を行う際には必ず背骨が動いていますが、その時に背骨の根元である股関節が先に反応していなければ正しく活用する事は出来ません。

Q.手を大きく(強く)動かせば骨盤なんて勝手に動くんじゃないの?

A.はい、確かにそうです。しかし手が先に動いて、その反動で骨盤が動く現象と「ボディショット奏法」とは全く別物です。

 手の反動が骨盤に来てしまうとバランスを崩しやすくなりますし、身体の故障の原因にもなります。(日本のドラマーに本当によく見られる症状です)

 ボディショット奏法は骨盤や下半身(脚)から起こした力をスティックまで波及させる奏法です。(結果的に腕の運動量を軽減させることが出来ます)

 『股関節→骨盤→背骨』という順番を考えずに、むやみに背骨を動かすと、腰椎に大きな負担がかかって必ず腰痛になります。そうならないためにも画像等をよくご覧になり、実際にドラムイスに座っての再確認をお願いします。

■STEP3 バディ・リッチのイスの秘密

 ビデオ等でご存知の方も多いと思いますが、昔のドラムイスは、お世辞にも安定性が良いものではありませんでした。座面の大きさも最近は13インチ位が主流ですが昔は11~12インチだったのです。

 しかし、ドラムイスの進化に反して(?)、バディ・リッチなどは晩年まで「筒型」の不安定なイスを使用しており、ドラムソロの途中で動いてしまったイスを手で引き戻す姿も残された映像の中にたびたび見られます。

 なぜバディ・リッチほどのドラマーが演奏中に位置がずれるような旧式のイスを“愛用”していたのか不思議に思いませんか? バディ・リッチは長いキャリアの間にドラムセットを何度も替えており、「使い慣れているから」というだけで旧式の「筒」のイスに固執したとは考えにくく、常に「より良いイス」を探していたはずです。

見た事がない人も多いと思いますが、筒型のイスってこんなに不安定なんですよ!
筒型イス

 1950年代頃までのドラムイスは、写真(左)のように筒型のものが主流をしめていました。(1970年頃まで生産されていました)

 このドラムイスはペダルやシンバルスタンドを中に入れて運ぶハードウェアのケースも兼ねていたのです。

 つまり、演奏時には中が空洞となるため、かなり不安定で、演奏中にドラマーが後ろに引っくり返る事故も少なくありませんでした。

 ちなみに2002年6月号のドラムマガジンでは、このイスが「実用無視の発想のイス」と紹介されてしまうほど極端に安定性が悪かったのですヨ!(もちろん高さ調整なんて出来ません!)

ゴミ箱のイス?

 たしかに、バディ・リッチは3ステージに2回ほど、ソロの途中で瞬間イスを叩きながら、おどけた顔をして観客を笑わせたりもしますが、まさか、それだけのために、この不安定なイスを使っていたわけではないでしょう。

(※「見た目」や「ショーマンシップ」のためと考える人が多いようですが、通常、客席からはドラムイスは見えません!

 つまり、バディ・リッチにとって「あの筒型のイス以上にドラム演奏に適したイス」は見つからなかったという事ではないでしょうか?

 それでは、なぜバディ・リッチのイスは不安定である必要があったのでしょうか?

大腰筋イラスト その答えは「大腰筋」(右図参照)にあります。大腰筋とは脊柱と大腿骨をつなぐ、外からは認識しにくい身体の奥にある骨格筋の一つで、骨盤の操作や姿勢の維持に使われる事から、近年スポーツ医学の分野で特に注目され、徐々に脚光をあびてきました。今では優れたアスリートになるために必要不可欠な筋肉として常識となっています。

 「何だか難しいな~」と思ってしまった人に分かりやすく説明し直すと、日本古来からの表現で「あいつは腰が入っている、入っていない」とか「腰を入れろ、抜くな」などという言葉を耳にした事があると思います。

 戦国時代から人体力学が盛んだった我が国では、「大腰筋」の活用法を「腰を入れる」という言葉で表現し、「何事も腰を入れる事から始まる」といわれる程、すでに大腰筋の重要性を説いていたのです。東洋オタクとしても知られるバディ・リッチは当然その事を知っていたのではないでしょうか?

 普通のイスは「座って休んでいる状態」を長時間続けても快適な様に設計されていますが、ドラムイスは「その上に乗った状態で手足を動かし、重心位置も刻々と変わる身体」を支えるもので、「必要とされる機能」が全く違います。

 立っているときには、身体のバランスを修正し続ける為に誰でも無意識にある程度「腰」が入っているものです。しかし「さあドラムを演奏するぞ!」とドラムイスに座ったとたんに自身でバランスを取ることをやめてしまうために、いわゆる『腰が抜けた状態』になっている人が実に多いのです。

 立った状態でバランスを取るためには必ず大腰筋が使われています。ドラム演奏において骨盤を動かす際にも、この大腰筋がとっても大事なんです。腹筋、背筋や大腿四頭筋(フトモモの筋肉)でも骨盤は動かせますが、ドラム演奏における小さくスピーディな動きには対応できません。

 大変多くのドラマーが「完全に腰が抜けた状態」で演奏しているために『腰が抜けた音』にもなりやすくなってしまっているのではないでしょうか? ドラムを演奏する際にはたとえ座っていても「立っている」つもりでないといけないのです。そうすることで、スピーディーなプレイでも音圧の効いた迫力のある音で演奏できるようになるのです。

 不安定なイスでドラムをプレイする際には「転倒への危機感」が常に伴います。そのため人間はバランスを取ろうと、誰でも本能的に大腰筋を使ってしまうのです。バディ・リッチは、あえて不安定なイスを使うことで「腰抜け状態」になってしまうのを回避していたとは考えられないでしょうか?

 その結果、大腰筋もフル活用され、あの素晴らしいキレと迫力のあるドラミングが可能だったのです。

(※K's MUSICでは、あえて不安定なイスを使用することで「腰が入った状態」を身に付けるレッスンも行っています)

STEP4 ボディショット奏法の基本的なポジション

骨盤を動かすことで30cm以上もスティックを動かすことが出来ます
アップポジション
直立ポジション
(アップポジション)
レディポジション
斜めポジション
(レディポジション)
ダウンポジション
寝たポジション
(ダウンポジション)

 骨盤のポジションを写真中央の「レディポジション」から始めると、アップポジションにもダウンポジションにもすぐ移行出来て便利です。

 日本国内では写真左のアップポジション(骨盤を一番起こした状態)のまま演奏する事が「良いフォーム」とされていますが、これは日本的奏法には「骨盤の動きを利用する」という発想が無いからではないでしょうか?

Q.骨盤を寝かせると後ろに倒れてしまうのですが?

A.腹筋に力が入った状態で骨盤を寝かせると、たしかに後ろに倒れてしまいます。骨盤を寝かせる際には腹筋から力を抜いて横隔膜を上げることが必要不可欠です。

 また、骨盤の角度が変化することで股関節(脚の付け根)の位置が変わることにも着目して下さい。このことはフットワークにも大きく影響してきます。(第8回参照)


◆骨盤のアップダウンだけでもショットは可能です◆

 骨盤のアップポジションとダウンポジションには約30センチの高低差がありますから、骨盤の上げ下げだけでアクセントショットを行う事が可能です。この動作にショルダームーブ奏法(フレディーグルーバーシステムの“エロンゲーティングストローク”)を組み合わせると、スティックが手前に引き寄せられる為、さらに強力な「腰の入った音」を出す事が可能です。(第24回参照)

 下の動画は、最も基本的なボディショット奏法に通常のモーラー奏法を組み合わせたエクササイズを収めたものです。

動画:ボディショット+モーラーによる5ストローク

 このボディショット奏法により上半身の重さをフルにスティックに伝えることが可能となります。国内では、スティックをあまり振り上げていないのに大音量・大音圧で演奏するドラマーは「手首が強い」「スナップが強力」だとされていますが、けっしてそうではありません。彼らは「ボディショット奏法」を使って音圧を出しているのです。

 また、「重さ」というと、どうしても「ゆっくりしたプレイ」にしか使えないと思われがちですが、大腰筋を使うことによって1/50秒という短時間で重さをかけることも可能です。

 超一流ドラマー達が大音量・大音圧とスピーディーなプレイを共存できるのは、大腰筋あってこそと言えます。

 ところで、「ボディショット奏法の達人」は身近な所ではPONTAさんではないでしょうか? ビデオが手元にあったら、(なかったら買ってでも!)ぜひチェックしてみて下さい。

 PONTAさんの腰は、演奏中の激しい音楽表現部分やドラムソロが激しくなるほどに動きを増し、フレーズに応じて自由自在な変化を見せます。その様子は「骨盤ダンス」とでも言いたくなるほど見事です。

 他にも、1992~3年頃までの青山純さんはアクセントショットの殆どを「ボディショット奏法+ショルダームーヴ奏法」で行い、スティックをあまり振り上げずにスネアからタムまでを大音圧で演奏していました。

 海外では“骨盤を小刻みに振動”させるデニス・チェンバース、“回転運動”主体のスティーヴ・ガッド、“ハイテクニックな演奏になると極端な骨盤のダウンポジションを多用”するヴィニー・カリウタ等、超一流と呼ばれるドラマー達は誰もが骨盤を有効に使ったドラミングを行っていますので、是非ビデオ等でチェックしてみて下さい。

Q.骨盤を動かすと正しい姿勢が崩れるのでは?

A.そもそも『正しい姿勢』とは何かということが問題ですが、身体が「静止している時」と「運動をしている時」とでは『正しい姿勢』は全く異なります。

 日本的奏法理論の最大の欠点は、実演奏中のフォームには必ず「動きの流れ」があり、それによって『慣性力が伴うという事実』を全く見逃してしまっている点にあると言えるのではないでしょうか?

 静止時において背筋をピンと伸ばしているのは確かに「正しい姿勢」です。しかし、それを安直にドラミングに応用しようというのは「ノーガードこそがボクシングフォームの理想」と言うようなもので、大変無責任な“漫画的発想”です。

 また、日本的奏法では“身体のブレ”や“猫背”は「言語道断」とされているようですが、バディ・リッチをはじめとしてスティーヴ・ガッドやジェフ・ポーカロ等の超一流ドラマーは実際に、その言語道断なことをして最高峰のドラムプレイを成立させています。

 ドラムセットには多くの楽器が立体的に配置されているのですから、演奏中に胴体が動いたり重心位置が変化するのは当然と考えて『正しい姿勢』を見直してみてはいかがでしょうか?


※最後に、これからボディショット奏法にトライしようという方々のために、注意点を挙げておきます。
  • むやみやたらに骨盤を動かすのではなく、「大腰筋を使って、股関節が動いた結果、骨盤が動く」ということを忘れないで下さい。

  • 腰痛になった場合は、以下の3つの原因が考えられます。

    1. 骨盤よりも先に腕を動かしてしまい、その反動で骨盤が動いてしまっている。
    2. 背骨の腰椎部を先に動かすことで、骨盤を動かしてしまっている。
    3. 大腰筋ではなく、腹筋・背筋やフトモモの筋肉を使って骨盤を動かしてしまっている。

※骨盤を動かすという行為は、大腰筋を動かす感覚があり、背骨や腕よりも先に股関節が動いていれば身体に負担はありません。もし腰が痛くなったりした場合は、上記の3つの原因のどれかに当てはまっているはずですから、すぐに練習をやめて下さい。

 やみくもに骨盤を動かして身体に故障が出たとしても、K's MUSICでは一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。


仲村康男プロ
★画像をクリックすると、ドラムソロ動画が見られます★

iPhoneで動画を見る

 さて、今回のボディショット奏法でも重大な役割を果たした『骨盤』『股関節』『大腰筋』の構造や動きは、当然ながらフットワークにはもっと直接的に影響してきます。

 たとえば、股関節が「球関節」である以上フットワークは「回転運動」を基本に考えなければならないのはもちろん、「大腰筋」は足の裏の「足底筋」と繋がっていますから両者を分けて考えることは出来ないのです。

 スティックワークと同様、フットワークに関しても、今後のドラミングアドバイスの中で詳しく解説していきますので、どうぞ、ご期待下さい。