39. ショルダームーヴ奏法

(2003/06/12アップ。6/15,2004/02/29修正改良)

 皆さんは、ドラマーのライブ演奏ビデオ等を見る時、どこに注目していますか?おそらく多くの方が「目で“スティックや手首の動き”を追う」という見方をしているのではないでしょうか?

 「そんなの当たり前だよ」と言われそうですが、せっかく買ったビデオを“スティックや手首の動きを見るだけ”に使っていては、大変もったいないのではないでしょうか? 練習熱心なドラマーほど陥りやすいようですが、それでは見落としてしまっている「動き」が沢山あるはずですよ!

 ためしに「音を消して」ビデオを観る「実験」をしてみて下さい。あなたが何度も繰り返し見慣れていたはずのビデオでも、ずいぶん印象が違って見えると思います。

 そして、次は、スティックや手首よりも「指」に、指よりも「ひじ」に、ひじより「肩」に、さらには「胴体」に注目して動きを観察してみて下さい。「あれ?」と思うような、今まではまったく気付かなかった「動き」が沢山見えて来るはずです。

 今回は、その中でも比較的わかりやすい「肩の動き」を有効に使った「ショルダームーヴ奏法」について、その「原理」と「意味」を解説していきましょう。

 「ショルダームーヴ奏法」の達人は、なんといってもバディ・リッチではないでしょうか。ビデオが手元にあったら、(なかったら借りてでも!)ぜひチェックする価値があると思いますよ!

 バディ・リッチの肩は、ドラムソロの最中等のハイテクニックな場面になればなるほど“一瞬も止まる事がない”ほど動いており、フレーズに応じて「左右の肩が同時に上下」したり「交互に上下」したり、さらには「回旋」したりと多種多様な動きを見せます。(まるで肩がダンスをしているかのようです!)

 もし、「それって、ただの“クセ”とか“ショーマンシップ”なんじゃないの?」と思う人がいたら、同じように肩を動かしながらドラムソロをやってみて下さい。音やフレーズがギクシャクするだけでなく、とても叩きづらくて、まともな演奏など出来ないはずです。

 では、なぜバディ・リッチは、肩を動かしながらスムーズな演奏が出来るのでしょうか?

 それは、あの肩の動きが、けっしてクセなどではなく、フレーズ・ダイナミクス・移動・スピード等すべてを無理なくスムーズに行なうために、ショルダームーヴ奏法を最大限に活用している結果だからなのです。

 それにしても、なぜ、あんなに肩を動かす必要があるのか不思議に思いませんか? また、このような動きをするドラマーは皆さんの周りにはいないのではないでしょうか?

 実は、このような肩の動きこそが、ドラムセット全体に適用範囲を拡張した「応用モーラー奏法」を使ってドラミングを行っている際の特徴であり、逆にいえば、バディリッチの演奏は大部分が「応用モーラー奏法」によって行われているという証拠でもあるのです。(第30回参照

Q.音楽に集中して演奏すれば、肩なんて自然に動くんじゃないの?

A.はい、その通りです。演奏中、肩でリズムをとるドラマーは、当然肩が動いています。しかし、それは肩が単に動いているだけであって、ショルダームーヴ奏法とはまったく違います。

 ショルダームーヴ奏法とは、肩の動きを積極的に使ってダイナミクスを付け、確実に「音」に反映させる奏法のことです。


 ショルダームーヴ奏法に関しては、バディ・リッチが一番分かりやすいとは思いますが、“ゆっくりな回転動作中心”のデイヴ・ウェックルやポンタさん、“上下運動主体”のパット・トーピー、“小刻みに振動”させるデニス・チェンバース等、超一流と呼ばれるドラマー達は、だれもが肩を有効に使ったドラミングを行っていますので、ぜひビデオでチェックしてみて下さい。

(注:教則ビデオ等の“レクチャー場面”ではなく、あくまでも“実演奏の際の身体の動き”を見て下さい)


◆肩の構造を再確認しましょう◆

ろっ骨と肩の構造
肩の付け根は、ノドの下の「胸骨」にあるのをご存じでしたか?この部分が先に動かなければ、肩関節は大きく動かせません。
宇宙人の骨格?
人間の肩はろっ骨についているわけではありません。しかし、このように勘違いしているドラマーが日本には多いのでは?


 もしかして、“肩関節は胴体(ろっ骨)に固定されている”と思い込んでいた人もいるのではないですか? 実は、肩(肩甲部)の可動範囲は皆さんが思っているよりもはるかに広く、動きの自由度も大変高いのです。

 それなのに、「肩はこんなに動かせる」という事実を無視してドラミングを行うのは、足かせをつけたままで必死に走ろうとしているようなものではないでしょうか? もっと自由に、思い通りにドラミングを行なうために、まずは、肩の可能性を知ってみませんか?

◆ショルダームーブ奏法の基本的なポジション(上下方向)◆

肩は上下に15cm以上も動かす事が出来ます!

 肩の位置を写真中央の「レディポジション」から始めると、アップポジションにもダウンポジションにもすぐに移行出来て便利です。日本国内では、写真左端のダウンポジション(肩を一番下げた状態)のまま演奏する事が「良いフォーム」とされていますが、これは、日本的奏法には「肩の動きを利用する」という発想が無いからではないでしょうか?

 肩のアップポジションとダウンポジションには、約15cm以上もの高低差がありますから、肩の上げ下げだけでショットを行う事も可能です。この方法は、スティックを平行移動させる事が容易に出来るので、シェルショット(31回参照)を行う場合にも便利です。

肩を上下に動かすだけでショットが可能です!

 実用例として、8ビート等の“バックビートを肩を中心に行う”という方法があります。実際に、ジェフ・ポーカロなどは肩を前方向に回転させ、そこに指のタップストロークを合わせるだけで強力なバックビートを実現しています。さらに、その動きに手首や肘などの動きを加えれば、チャド・スミスやディーン・カストロノヴァのような奏法になります。

◆ショルダームーヴ奏法の基本的なポジション(前後方向)◆

肩は前後に約20cmも動かす事が出来ます!
Q.肩を動かして叩くなんて、逆に体に良くないんじゃないの?

A.リラックスして身振り手振りで会話を楽しむ友人達を「観察」してみましょう。とっても自然に肩が動いている事に気が付くと思いますよ!

リラックスした状態で腕を動かしている時、人間の肩は大きく動いています。逆に緊張した状態では、肩が固まって腕だけが動こうとします。

 肩は、上下方向だけでなく、前後方向にも約20cm動かすことが出来ます。ドラムセット上を前後に移動する際、肩を固定して腕だけを動かそうとすると、腕の曲げ伸ばしが大きくなり、身体に負担がかかりますが、肩の移動を利用すれば、相対的に腕の曲げ伸ばしを小さくし、力を分散することで身体への負担も減らす事が出来ます。


実は、どんなドラマーでも無意識に肩を使っているのです。

クラッシュを叩く

 一番分かりやすい例がクラッシュシンバルです。もし肩を上げる事が出来なければ、絶対に叩く事は出来ません。それどころか、ライドシンバルやタムタムすら演奏出来なくなってしまいます。

 つまり、どんなに自分では「肩を動かしていない」と思っているドラマーでも、演奏中は必ず肩が動いてしまっているのです。

 しかし、演奏中に肩の動きを意識せず、まして「肩を動かすべきではない」とまで考えているドラマーは、受動的で不合理な肩の使い方しか出来ないために、スピードやパワーだけでなく、音楽的な表現力も乏しくなってしまいます。

クラッシュを演奏

 たとえば、下記の譜面のようなフレーズを考えてみましょう。実際に、このようなフレーズが不得意だという方も多いのではないでしょうか? 実はこの場合、1番合理的なのは“肩をずっとアップポジションで”演奏する事なのです。

39回譜面

 どちらにしても、肩を動かさなければドラムセットの演奏は出来ないのですから、より積極的・合理的に肩を使ってみたらどうでしょうか? 「腕よりも先に肩を」ドラミング上必要なポジションに動かしてやれば、より楽に、より速く移動を行うことが可能になりますし、片側6キロ以上もある「腕と肩の重み」をも味方にする事が出来る(27回参照)のです。

 「自分のドラミングは今が限界だ」などと、決してあきらめないで下さい。たとえ、ショルダームーヴ奏法を完全にマスターしなくても、「肩は動かせる」という事に気付いただけで、あなたの可能性は大きく広がるとK's MUSICは考えます。

※最後に、これからショルダームーヴ奏法にトライしようという方々のために、注意点を挙げておきます。

  1. 大原則として「必ず肩が先に動く」のだという事を忘れないで下さい。手首や肘が先に動いて、後から肩が動くのではなく、「まず肩が動いて、その動きが腕の先端に伝わっていく」と考えて下さい。

  2. 肩を動かすという行為は、脱力さえ出来ていれば身体に負担はありませんが、力んでむやみに肩を動かすと身体に大きな負担がかかりますので、必ず、充分に力を抜いた状態で行ってください。

  3. もし、肩が痛くなったりした場合は、力んでしまっているか、無理な動かし方をしているはずですから、すぐに練習をやめるようにして下さい。むやみに肩を動かして身体に故障が出たとしても、K's MUSICでは一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。

 さて、分かりやすくするために今回は「肩のみ」にしぼって説明しましたが、肩甲部は鎖骨を通してろっ骨に接続しており、ろっ骨は背骨の周囲に形成されています。そして背骨の下端である仙骨は骨盤の一部であり、骨盤にある股関節は脚の付け根である…というように人間の身体は、すべてが繋がっています。

 従って、実は、腕の動きを足の裏(土踏まず)の動きと切り離して考えることは出来ないのです。このあたりは、今後のドラミングアドバイスの中で詳しく説明していきますので、どうぞ、ご期待下さい!!

プロドラマー広井隆kun